詐欺撲滅セカンド

街頭では気をつけようキャッチセールス

キャッチセールス

キャッチセールスは、路上や大型書店の店頭などが舞台になります。

セールスマンまたはセールスレディが、消費者にアンケートなどと称し声をかけてきます。 多いのが自己啓発講座、他にはエステティックサロン、化粧品、英会話教室などがあげられます。

街頭で声をかけられたら100%怪しいと捉えたほうが良いでしょう。たかがアンケートされどアンケートです。 声をかけられても答えないようにしましょう。

ここで巧みに個人情報などを引き出すのです。少しでも興味があるような素振りを見せれば、ターゲットにロックオンされてしまいます。 そしてアンケート記入後は、営業所へと誘導されます。

ここでは1対1ではなく、1対複数になることがほとんどです。そうなのです、営業所には業者側の人間が控えていて、断りにくい状況を作るのです。

営業所につくと、商品の説明が一方的に始まります。そして最終的に契約書にサインを迫られてしまいます。