詐欺撲滅セカンド

相次ぐネット被害

クリック

ネット被害にはたくさん種類があります。1つずつ例をあげて見ていきましょう。

最近多いのがアダルトサイト系です。画像をクリックしたら数万円の請求がきたりします。「利用代金の○円を支払ってください。 未納の場合はしかるべき処置をします」と脅しのようなメールが送られてくることもあります。

次にネットストーカーです。掲示板などの書き込みをみてターゲットを決めます。そのターゲットのホームページやブログや、 他のサイトの掲示板まで追跡して、痕跡をコメントとして残していくのです。最初は何ともないコメントだったのが、次第に脅迫まがいのもの になっていきます。世間一般にいうストーカー行為をネット上でしているのです。

他にはなりすまし、個人情報流出、遠隔操作ウィルスなどがあげられます。ネットの世界は顔が見えませんが、パソコンのIDや情報を元に 個人を特定することが出来ます。それがネット犯罪に立ち向かうための大きなカギとなります。