詐欺撲滅セカンド

電話で襲いくる資格商法

契約解除

資格商法は、セールスマンまたはセールスレディが消費者に電話をかけ、資格取得のための教材を売りつけてくる商法です。

将来役に立つ資格といううたい文句をつけてはいるものの、教材の内容は薄く、高価な値がつけられているのが特徴です。受講後 に試験が必要になる資格であっても「本講座を受講すれば無試験で構いません」などど、嘘を述べたりします。

この時、決して「いいです」という言葉は使わないことが重要です。「受講はしませんので、いりません」と断りましょう。 「いいです=承知した」と捉えられて、勝手に契約を成立させられてしまう可能性があるのです。

ひどい時は職場にまで電話がくることもあります。資料請求などをしたが最後、ダイレクトメールや電話での勧誘も始まります。 実在する資格の場合は、どういう工程で資格が得られるのかを事前に調べておきましょう。それが予防策にもなるのです。 教材購入から8日以内ならば、クーリオフ(契約解除・解約)が可能です。