詐欺撲滅セカンド

偽装工作までする点検商法

点検

点検商法は、点検作業員を装ったセールマンまたはセールスレディが消費者宅を訪れて、必要でない修理や部品交換または修理を行う商法です。 点検を承諾した時点で、詐欺がスタートしてしまいます。シロアリ、ガス、ダニ、カビ、電気などがあげられます。

ここでカビを例にあげてみましょう。

「近所の家でカビが発見されました。点検させてください」と言ってやってきます。まず適当に壁を叩き「カビが生えている可能性があります」と、床下に潜ります。 すると「大変です、証拠写真を撮ります」と報告してきます。そして再び潜り、床下である細工をします。

本当はカビなど生えていないのに、カビが生えているような感じになるスプレーをかけるのです。その写真を消費者に見せて「このままだと家が大変 なことになります」と煽ります。

次は契約で「今ならキャンペーン期間中で、○円のところ○円で工事します」と勧めてきます。 信頼出来る会社かどうかの情報を集めてできる限り調べておきましょう。